(AC-UT-01)うたがた おはじき・アクセサリー

うたがた さんより

 

安房さんとの出逢いは小学2年で読んだ『ハンカチの上の花畑』。

以来ずっと愛読している安房さんの本の中から、切なく美しいラブストーリー3作をテーマにアクセサリーを作ってみました。


いろんな安房作品の「手描きおはじき」

―ヒントあり・なし 各300円

 

中には20種類程度の石粉粘土に描かれた物語のイメージの絵がついています。

(アソート・または好きな物語をお知らせください。店主が代わりにお選びします。)


・「『天の鹿』のイメージカポーショネックレス」

(桔梗·雪がすり)

2,000円

天の鹿のロングネックレスは、カボションの絵が2種類あります。白い桔梗と雪がすり。アシンメトリーなパールコネクタと、花のマンテルつきチェーンなので、厚手の服の上からもつけやすいです。

 

ペンダントヘッドはカニカンで外せるので、

好みの紐につけかえることが可能です。 



・「べにばなホテル元オーナー夫婦のペンダント」

1,200円

 

『べにばらホテルのお客』より

べにばら、トランペット、ムネアカドリ、赤い花びら、涙のしずくのペンダントヘッドです。



・「『奥さまの耳かざり』のブローチ兼ペンダントヘッド」

800円

くじらの尾びれにチェーンを通せばペンダントにもなります。


いずれも、シンプルなお洋服に合わせてつけやすい

とっておきのアクセサリーとしてどうぞ。

物語の中のあの場面が身に着けられます。